株式会社MMM 2019年の取り組み方針

遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます。 昨年クリスマスイブに人生初のぎっくり腰となり、未だに若干腰の傷みを感じている MMM代表 国本です。

2019年初のブログ投稿となるため、我々が今年注力していく方針・取り組みについて書いてみようと思います。

1. コミュニケーション活性化による強いチーム作り

2019年1月時点でMMMは9名と小さな組織ですが、昨年メンバーの増減が発生したこともあり、2016年に打ち出した社のミッション、ビジョン、行動指針について、今一度全メンバーで共通認識を図った上で、今年は社内コミュニケーションの強い活性化施策について注力して取り組んでいきます。

強いチームを作り上げるためには、根底に強固な信頼関係に基づく心理的安全性の確保が必要であり、それらが確保された状態でこそ、チームのメンバーが摩擦を恐れずに率直で、建設的な意見を出し合えるようになります。

各メンバーがお互いの価値観とその重要性を認め合いながら、目標達成に向けて一丸となれる。これらが我々が目指しているチーム作りであり『真に強いチーム』と捉え、その実現に向けてこれまで以上に、コミュニケーション活性化の重要性をひしひしと感じています。

現在、付随する社内活動として、週一交代での当番制ライトニングトーク(MLT)や四半期ごとの面談を実施していますが、今年は「コミュニケーション頻度と総量の増加」をテーマに掲げ、フルリモートワークという制約下で『より気軽』で『より接触頻度が高い』コミュニケーションを実現できる具体的な施策について、今週末から中長期観点で継続的に取り組んでいきます。

2. 顧客価値の最大化に向けた知識・専門性の強化と共有

お客様ビジネスにおける成果の最大化を実現するために、我々のチームはお客様から伝えられた事象・物事のみならず、お客様が抱えられている真の課題とビジネスゴールを深く理解しなければなりません。

その上で、最適なテクノロジーを精査し、具体的な解決策としてお客様へご提供できる必要があり、これこそが我々が存在する意義、ビジネスの本質的価値と考えています。

そのためには、日進月歩で進化する情報技術における本質的な価値を見定め、日々技術習得・自己研磨に努めることで、テクノロジーをどのようにお客様のビジネス成長に活用できるかという点について、常に取り組みを続けていくことが重要であり。

2019年は

  • クラウド活用によるシステム総保有コスト(TCO)最適化
  • サーバーレスアーキテクチャのビジネス活用におけるメリット・デメリット
  • 高品質・高速なサービス開発による新規事業立ち上げ
  • アプリケーションまで含めたワンストップのクラウド移行

これらに特に注力し、これまで我々が培ってきた知識・知見、専門性をより高みに引き上げると共に、社内共有はもちろん、本ブログやコーポレートサイト等で、よりオープンに公開・共有することで、これまでリーチできていないお客様に対して我々のソリューション認知度を高め、より多くのお客様のビジネス価値向上に我々がお役に立てるよう努力してまいります。

3. 全メンバーが成長機会とワクワクを得られる仕事

MMMでは行動指針における大項目として『仕事を心から楽しむ』を定義しています。

これは、休み明け月曜日の仕事始めの朝から、全メンバーが『よっし!今週もやるぞ~!!』という、ワクワクした気持ちで業務に取り組めるような職務、そして職場を実現したいという我々の考えを明文化したものであり、2019年は、仕事を楽しむために不可欠と考えている「成長機会」に注力し、各メンバーが

  • 新しい気づき・学びが得られやすい職務
  • 変化を恐れず、大いに楽しめ、主体的な改善取り組みが可能なプロジェクト
  • 情熱と強いリーダーシップを持って「熱っぽく」なれるポジション
  • 一人ではなく仲間と共に成功体験を分かち合えるチーム

これらの成長機会を得られる事をテーマに掲げて、各メンバーの現状況と今後の希望・キャリア設計を考慮した上で、マッチするポジションやプロジェクトを準備・アサインしていきます。


2019年我々は、真に強いチームを作り上げ、日々ワクワクしながら、お客様ビジネスの価値最大化を常に考え・実践してまいりますので、本年も株式会社MMMを何卒よろしくお願い申し上げます。

このエントリーをはてなブックマークに追加