Amazon echoとPhilips Hueでスマートな照明環境を作る

西藤です。

前回まではmacでの作業環境最適化のために使っているアプリケーションの紹介などしてきましたが、今回は日常生活の方にフォーカスしてスマートホーム的な工夫を紹介してみようと思います。

Amazon Echo

まずはスマートホーム環境を構築するためには各アクションの起点となるものが必要です。

今回は Amazon Echo Dot を例にとります。

まずは設置場所です。今回は Dot なので、大きく場所を取る心配は無いですが、その小ささゆえに場所が悪いとスピーカーやマイクの力を発揮できない可能性があります。

そこで今回は壁に取り付けるようにしました。
Echo Dot用の壁掛けホルダーが売ってましたので、それを使って、

日本での発売開始当初から使ってきているので、汚れが目立ってきました...

このように壁に設置しました。こうやって持ち上がった位置に設置することで音も聞こえやすいですし、マイクも感度が上がったと思います。また、持ち上がって配置されるので、ケーブルもかさばらずにすみます。

Philips Hue Go

次に、設置したのは Philips から発売されている Hue Go です。ハンドボールくらいのサイズの半球型のライトで、各種スマートホーム環境と連動します。
充電式で数時間程度はケーブルから外しても結構な光で照らすことできるので、スマートホームに関係なく多目的に使うことができて便利です。

点灯中は明るすぎてうまく撮れませんでした...

ただし、注意点としてはAmazon Echoを使っていても上位機種じゃ無いとスマートスピーカー側にHubの機能を持たないので、別売りのHueブリッジが必要になります。

スマートホーム設定

では、以上の二つを使ってどのようなことができるか挙げてみます。

1. 目覚まし用照明

Philips HueシリーズはAlexaと連携させることができます。
そしてその中では「どの色で、どのくらいの明るさで照らすか」ということが制御できます。
なので例えば、「定型アクション」の設定で、朝の所定の時間に

  1. 弱いオレンジ色のライトをつける。明るさは10%くらい
  2. 音量を3にする
  3. 今日のニュースを読み上げる。
  4. 音量を5にする
  5. 今日の予定を読み上げる。
  6. ライトを黄色がかった色にする。明るさは40%くらい
  7. アラームを鳴らす
  8. ライトの色を真っ白にする。明るさを最大

みたいなシナリオで明るさを使った目覚ましも構築することができます。
明るさ最大の真っ白なライト設定で光るとかなり眩しく、最近ではそれが嫌でその明かりになる前に目がさめるようになってきました。

2. 睡眠導入読書灯

Alexa側での設定では無いのですが、Philips Hue用のアプリ側からはより細かい設定ができます。
その中でも「フェードアウト」の機能が便利です。

スケジュールをあらかじめ設定し、その際に明るさの設定もできるのですが、「所定の時間をすぎたら徐々に暗くしていき最終的に消灯する」というような設定もできます。

これを使えば

寝る前に枕元のHue Goの明かりだけをつけて、本を読んでいればスケジュールに沿って徐々に暗くなっていき、消える。

のような設定もでき、寝つきもスムーズになることでしょう。
(寝る前のスマホは眠りの妨げになるので、紙の本かバックライトをオフにしたKindleなどにしましょう!)

3.帰宅連絡ランプ

次に紹介するのはIFTTTというアプリとの組み合わせです。本件に限らず、サービス連携ツールのIFTTTは様々なWebサービスを組み合わせて自動化をするためには非常に便利なツールなのですが、PhilipsのHueシリーズとも連携することができます。

そして、IFTTTのモバイルアプリを普段使っているスマートフォンに入れることで、位置情報を起点にしてHueのライトを点灯させることもできます。
これをうまく組み合わせれば、

最寄り駅まで帰ってきたら自宅のHueライトをつける

というようなこと設定もできます。具体的には

のような設定にして、エリアの指定を自宅と最寄り駅を含めた範囲にして、「エリアに入った時、ライトをつける」とすることで帰宅時のみライトをつけることができます。
ちなみにライトをつけるだけでなく、点灯やカラーループの指定などもできます。

まとめ

今回はHue Goを使ったものがメインになりましたが、せっかくAmazon Echoのスマートスピーカーの環境があるので、今後とも製品を組み合わせてスマートホーム環境を充実させていきたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加