MMMの制度、福利厚生

MMMでは、リモートワークを始めとし、様々な制度、福利厚生があります。この記事では、そんな制度や福利厚生を一覧にしているので、採用候補者の方などの参考となれば幸いです。

働き方

  • 社員全員が無条件にフルリモートワーク可能。
  • コアタイムのないフルフレックスタイム制。
  • 業務開始・終了時間は完全に個人の自由。私的な理由でも数時間ほど抜けたりなどが可能。
  • 海外で時差のあるリモートワークの実績多数

各種手当

  • 年間10万円を上限とし、業務上必要、開発環境の効率化や新しい知識習得に役立つと考えられる電子機器やグッズの購入が可能(業務効率化グッズ購入補助制度)。
  • 月5,000円を上限とし、業務で必要と考えられる書籍を購入可能。
  • 月5,000円を上限とし、Skypeを使ったオンラインスクールや、実際に通う英会話スクール、英語書籍の購入など、言語学習に関わる費用の支給。
  • 月10,000を上限とし、月額契約のコワーキングスペース費用補助。
  • 月5,000円を上限とし、月額契約を除くコワーキングスペース費用補助。
  • AWS認定資格、TOEICスコアなどの実績によって、最大10万円の報奨金制度。
  • コワーキングスペースまでの通勤や顧客とのミーティングに掛かった移動交通費の全額支給。
  • 開発マシン(Macbook Pro/Air)貸与。
  • スマートフォン・タブレット端末支給(開発に必要な場合)。

休暇

  • 有給休暇は年に20日支給(入社1年半未満は10日)。
  • 年間好きな時期に有給休暇、年末年始休暇とは別に5日間連続した休暇を取得できる(土日を含め7連休)。
  • 1-2週間の年末年始休暇。年によってまちまちだが、過去3年間で、16連休(2018年度)、12連休(2017年度)、11連休(2016年度)、と、比較的長い休暇実績がある。
  • こちらも年によってまちまちだが、ゴールデンウィークで1-2日程度の勤務日となる週は、メンバーの状況も鑑みて、会社として休日となるときがある。
  • 最大10日の忌引休暇。
  • まだトライアル中ではあるが、週休3日制の実績あり。

その他

  • 各種社会保険完備。
  • 副業OK。
  • 「さん付け」禁止。全社員があだ名で呼び合う。
  • HeyTacoを使ったピアボーナス制度。報酬は「チームで有給以外の休暇を取得できる」というものがあるが、まだ導入されて間もないので、いろいろな案を出し合っている。
  • 週に1度、キラ活という、開発業務外のことを行う日がある。主に、間接的な業務の効率化を目的としている。具体的には、読書会、業務効率化システム開発、技術やアジャイルに関する勉強会、採用活動の取り組み、などを会社として行う。
  • 評価に対する取り組み(月次ペースでの1on1、四半期毎の三者面談、年度末の三者面談)
このエントリーをはてなブックマークに追加