採用選考で見ているポイント

エンジニアの内山です。
今月末に、もくもく会を開催するので、ご興味ある方はぜひご参加ください。

第3回 Go言語もくもく会

今回は採用に関することです。

概要

以下の記事にある通りMMMでは、社員全員が採用活動に関わっています。

採用活動を社員全員でやることにした | MMMブログ

今回は、個人的に採用選考で見ているポイントをご紹介します。

採用選考で見ているポイント

MMMの採用選考フローについては、以下の記事をご参照ください。

MMMにおける採用選考の流れ | MMMブログ

採用選考では、MMMと採用希望者がマッチしているかどうかを、お互いに確認する場となります。具体的には、MMMのミッション、ビジョン、行動指針にマッチしているかどうかを確認します。

MMMのミッション、ビジョン、行動指針 | MMMブログ

個人的には、特に次の3つのポイントを見ています。

  • HRTを持っているか
  • これまで技術や仕事に真摯に取り組んできたか
  • 口だけでなく、行動しているか

HRTを持っているか

参考: チーム開発に必要な HRT | MMMブログ

MMMでは、チームワークを重視しています。
そのためHRTを持つ必要があります。
高い技術力を持っていたとしても、強い言葉を使って他のメンバーを萎縮させるような人はNGになります。

これまで技術や仕事に真摯に取り組んできたか

MMMはフルリモートワークとフレックスタイムを採用しているので、とても柔軟な働き方ができるようになっています。
基本的に性善説で運用されています。
そのため、技術や仕事があまり好きではない人、自制心がない人は、マッチしないと考えています。

採用選考では、以下のようなことについて確認させていただいています。

  • 仕事の中でどのような工夫や改善を行ってきたか
  • 逆境にあったときにどのような行動をしたのか
  • 仕事の中で一番やりがいを感じることはなにか

口だけでなく、行動しているか

口では簡単になんとでも言えます。
「〇〇について興味あります」「〇〇に挑戦したいです」といったことを聞いた場合、本心なのかどうかを確認したくなります。
そこで、実際に行動しているかどうかを見ます。

行動というのは以下のようなことを指します。

  • ブログを書いている
  • サービスを運営している
  • 勉強会に参加している
  • 興味がある技術について1冊以上の本を読んで勉強している
  • 自主的にプログラムを書いてGithubに上げている

すでに何かしらの行動をしていれば、本心である可能性が高いと考えることができます。

まとめ

個人的に採用選考で見ているポイントをご紹介させていただきました。

私自身は、MMMに入社してから1年が経過しました。個人的にはMMMにとてもマッチしていると感じており、日々楽しく仕事をさせていただいています。
MMMの取り組みについては、 従業員満足度(Employee Satisfaction)向上に向けたMMMの取り組み | MMMブログ もぜひご参照ください。

フロントエンドエンジニア、バックエンドエンジニア、UI/UX,Webプロデューサーなど、全領域で募集中です。ご興味ある方はぜひお声がけください。

このエントリーをはてなブックマークに追加