バンコクでのリモートワークの1日

下條です。
以前も何度か書いていますが、私はしばしば海外で働いています。ただ、社外の人には、ただ遊びに行っているように思われていることがあるのが玉にキズです。これでも真面目に働いてるんです!

というわけで、今回はタイのバンコクでリモートワークしている際のタイムテーブルについてご紹介します。

まずは参考までに日本での基本的なタイムテーブルです。2年以上前にもご紹介しましたが、その時より若干夜型になってしまいましたので、再掲しておきます。

時刻 行動
08:30 起床、シャワー
09:00 業務
09:40 コワーキングスペースへ移動
10:20 業務
10:30 社内の定例ミーティング @Skype
13:00 昼食
14:00 業務
18:30 帰宅&夕飯
20:00 仕事の状況によって業務
22:00 読書、飲酒
25:00 就寝

次に、タイで働いているときのタイムテーブルです。タイと日本では2時間の時差があり、タイの方が2時間遅れています。以下はタイ時間で表記しますので、日本時間にするにはプラス2時間してください。

時刻 行動
07:30 起床、シャワー
08:00 コワーキングスペースへ移動
08:30 業務
09:00 社内の定例ミーティング @Skype
13:00 昼食 (フードコートで軽く済ませます)
13:30 業務
17:30 帰宅&夕飯 (屋台 or フードコート or 食堂)
19:00 仕事の状況によって業務
21:00 読書、飲酒
24:00 就寝

改めてこのように整理すると、タイでの方が健康的な生活に見えなくもないですね ^^;

基本的には日本にいる場合よりもほぼ1時間ほど早めのスケジュールで動くようにしています。というのも、日本での普段の業務時間をそのままタイ時間に持っていってしまうと、日本とけっこう業務時間がずれてしまうという事情があります。したがって、業務時間を少し日本時間に合わせるため、全体的にスケジュールを前倒しするようにしています。

また、日本とタイの2時間の時差はあまり大きな時差ではありませんが、その時差がメリットになる場合があることも感じています。というのも、タイでの夕方には日本時間では既に遅い時間帯になります。例えばタイの19時は日本では21時になりますので、割り込みが入りにくく、自分の時間が取りやすくなります。

欠点としては、日本にいるときはコワーキングスペースに行く時間が遅いので空いた電車に乗れるのですが、タイではコワーキングスペースに移動する時間帯がちょうど通勤ラッシュの時間に重なってしまうので、渋滞に巻き込まれたり、満員電車に乗らないといけないところでしょうか。ただ、バンコクの通勤電車の混雑度はかなりのものですが、バンコクの満員電車は日本とは違って皆あまり無理に乗り込もうとはせずに次の電車を待つ人が多いです。なので、日本の満員電車ほどキツくはありません。

以上ご紹介したとおり、平日はこのように規則正しい生活をしていますが、土日はどこかに遊びに行ったり、昼からビールを飲んでのんびりして南国の休日を楽しんでいます。

おまけ: バンコクのネットワーク環境についてコラム

ネットワーク環境はコワーキングスペースでは整っています。また、ホテルやカフェにもWiFiは多くありますが、速度はけっこう場所によるかなという感じです。携帯回線はバンコク都内ではほぼ4Gが入り快適なことから、携帯のテザリングをよく利用しています。キャリアはTrueMoveを利用していますが、

http://truemoveh.truecorp.co.th/topping/4g_topping_en.html より。
2017年3月現在、30日有効なパッケージは12GBで799バーツ (2017年3月9日現在およそ2600円) と、決して安くありません。

こちらも http://truemoveh.truecorp.co.th/topping/4g_topping_en.html より。

1日1.5GBで39バーツ (2017年3月9日現在およそ126円) というパッケージがあるため、私はこちらを利用するようにしています。注意点としては24時間たったあとにパッケージの適用を忘れてしまうとどんどんバランスが減ってしまうため、毎日少しずつトップアップしたほうがよいです。ご注意ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加