開発合宿の候補地を考える

先週、お休みをいただいて、秋田の実家に帰省してきた池島です。
どこに行っても人が少なくて、快適なのですが、自治体が存続していけるのか心配になってしまいました。(上京し、過疎化の片棒を担いでおきながら・・・)

もうすぐお盆で、世間一般に夏休みになるのはこれからですが、どこかへ旅行に行かれる計画をしている方も多いのではないでしょうか。
弊社では現在、開発合宿の計画を立てているところですが、一般的な旅行とは違う視点で選定する必要がある、開発合宿の候補地選びについて書いてみたいと思います。

どこに行くか

あまり遠方ですと、移動に時間がかかってしまって、やりたいことができなくなってしまいますので、できるだけ近いところがいいでしょう。
しかし、近すぎても気持ちが盛り上がらないので難しいところです。

弊社は、東京だけでなく、東海地方にも社員がおりますので、うまく合流できるかとか、そのあたりも考える必要があります。

どこに泊まるか

PCを持って行って皆で開発作業をするのが第一目的ですので、インターネット環境(WiFi)と電源が必須です。
最近は、それなりのホテルならWiFiが使えるところがほとんどですが、全員集まって作業するスペースも必要になります。
となると・・・

  • 会議室のある一定規模のホテル
  • WiFiの使える広い客室があるホテル・旅館
  • 開発合宿向けを謳っている民宿・ペンション

などが候補になってきます。
人数や予算に合わせて選ぶことになりますが、安くてもボロすぎるとモチベーションが下がります。
食事も大事ですね。

交通手段をどうするか

行き先にもよりますが、新幹線、飛行機、バス、レンタカーなど、複数の交通手段から選ばなければならない場合も多いでしょう。
予算と所要時間のトレードオフになることが多いので、一番の悩みどころともなります。
どの便を使うかによって、到着後のスケジュールも変わってきます。
無料送迎バスが出ているところもあります。

アクティビティはどうするか

普段バラバラに仕事をしている仲間が集まっているのだから、仕事だけじゃもったいない!
ということで、何か楽しいことをして、親睦を深めましょう。

  • 各種スポーツ
  • カードゲーム・ボードゲーム
  • DS(PSP)大会
  • エリア観光
  • 温泉・エステなどのリラクゼーション
  • 各種ショーを見る

その他いろいろ・・・

部屋割りをどうするか

大部屋に全員収容できたらいいですが、2人までとか4人までとか制限がある場合は、誰を同部屋にするかで悩みますね。
今回、女性が私1人なので、1人で泊まれる部屋が確保できるかも重要です。

予算内に収まるかどうか

一番重要です。
予算が厳しい場合は、どこかを削るのか、何か妥協するのか、近場にしておくのか、考えることがたくさん。

今のところ

私は北海道・東北推しなのですが、南に行きたいメンバーも多く・・・
どうなることやら。(@_@)
(でも、決まればどこでもいいです。楽しみ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加