Facebook広告が承認されずに悩まされた話

デザイン、コーディング、マーケティング等々、雑多に担当している池島です。
今月は、遠足や運動会など、学校や保育園の行事が多く、慌ただしく過ごしております。

先月から、弊社では Googleアドワーズ、Yahooプロモーション広告、Facebook広告に広告出稿を始めました。
もしかしたら、広告をご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんね。

それぞれ、出稿後に審査があるのですが、GoogleアドワーズとYahooプロモーション広告(スポンサードサーチ)は、さほど時間がかからずに承認されました。
そして、Facebook広告ですが・・・

広告を作ったけど、「不適切な表現」とされてしまう

3つのキャンペーンを作成し、広告を注文して、審査を待ちました。
しかし、1つのキャンペーンで、ポリシーに違反しているというエラーが出てきて、承認されません。

不適切な表現なんて、広告内容にも、リンク先ページにも使っているわけはありません。
ヘルプページを読み込み、記号や言い回しを何度変えてみても、承認には至りませんでした。

サポートに質問

どうしても、未承認の理由が分からないので、サポートに聞いてみることに。
「チャット」を選んでフォームに入力・送信すると、ブラウザでMessengerが開きました。

サポートの方も、ポリシーに反する箇所は見つからなかったとのことで、広告審査の担当者に承認してもらうということになりました。

異議申し立てをしてみる

次の日、承認のお知らせがメールで届きましたが、まだ承認されていません。

そこで、エラーメッセージにある「意義申し立て」ボタンから、異議申し立てをしてみました。
6つの広告に全部異議申し立てをしてしばらく待つと、1つずつ承認のお知らせが。
ところが、2つ承認されたところでストップ。再び、不承認の通知が届き始めました。

承認された広告と同じ内容なのに、なぜ?と思っていたら、先に承認された広告も未承認に。

ようやく、全広告がアクティブに。

再び、エラーメッセージのスクリーンショットを添付して、サポートにメールをしてみました。
数時間後に回答があり、ここでようやく、全ての広告がアクティブになったのでした。

システムの誤りだったとのことでしたが、そんなこともあるんですね。

わかったこと

設定・運用に詰まったら、まずはサポートに問い合わせてみることですね。(常識でしょうか…)
つい、自分で解決してみようと頑張ってしまいがちですが、広告料にサポートも含まれているわけですし、サポートはどんどん利用するべきと実感しました。

(担当してくださった方には感謝です!ありがとうございました。)

このエントリーをはてなブックマークに追加