オフィスでリモートワーク

世間では、日経平均株価が終値で27年振りの11連騰だとか、15年ぶりの高値更新とか、景気のいい話で賑わっているが、個人的にはライブドアショックで受けたダメージがまだ癒えてない銘柄を半数以上抱えている状況……。
含み損も減ってきているが、まだプラスにはなっていない……。
さっさと損切りしちゃえ、どんだけ塩漬けしてるんだって話でもあるが(笑)

さて。話はがらりと変わって。
弊社はリモートワークを行っている。
社員それぞれ自由な時間で、ロケーション問わず働いているため、一日の働き方・過ごし方が他の会社と比べると多様である。
当ブログでも一日の過ごし方について、何度か紹介があったが、その流れに乗って今回は私の最近の一日をご紹介したいと思う。
ちなみに働き方・過ごし方について書かれている過去のエントリーは下記のとおり。

タイムスケジュール

まずはタイムスケジュールを。
クライアントとのミーティングがあったり、渋谷のコワーキングスペースに集まってローカルワークをすることもあるが、リモートワークを行うときの一日はざっとこんな感じである。

時刻 行動
04:30 起床
04:50 オフィスへ
05:15 オフィス到着。移動時間にはニュースチェックや情報収集をすることが多い
05:30 コーヒーを飲みながら、ニュースチェック・情報収集、前の日の振り返り&当日やる予定を立てる
06:30 業務開始
11:00前後 社内の定例ミーティング(Skype)
12:00 昼食。コンビニの菓子パンをかじって終わりにすることが多い
18:30 業務終了
19:00 帰宅
19:30 夕飯
20:00 読書
21:00 就寝

一人でオフィスで仕事

私は、日々の業務をオフィスで行っている。ただ、オフィスとは言っても、机と椅子があるだけの狭い部屋で、一人で業務するのが精一杯で、作業部屋のようなものだ。

利用しているレンタルオフィス

コワーキングスペースとは違って、完全に個室なので業務に集中はしやすい。
下條がコワーキングスペースについて挙げていたメリット、「人とのコミュニケーションが比較的積極的に行われる」ことはないので、少し寂しいかもしれないが。
私が自宅ではなくて、オフィスで仕事をする理由としては、オン・オフを切り替えられる点、オフィスの方が集中しやすい環境である点、自宅には机がない点(これが一番大きいかも。どうしても長時間仕事をする上では机がないとつらい)である。

デメリットとしては、移動時間があることとか、電車が運転見合わせとかで帰れないときがあることだろうか。
ただ、移動時間も30分程度で、それほど時間はかからないので全然苦痛でもない。
朝は始発電車で、混雑する前に出社してしまうので、特に不都合だと思ったこともない。

早寝早起き

起業して間もない頃から朝型の生活にしていて、朝の静かな時間に集中して業務できるようにしている。
4時半起きにしたのは、1年ぐらい前から。最近は4時半でも結構明るいのでいいが、冬とかは真っ暗&寒いので起きるのはつらかったりする。
同じ時間業務をするとしても、朝の方が夜に仕事するより集中できる気がするし、自分には合っている気がするのでこの習慣は続いている。

睡眠時間は7時間半しっかり確保したい。最低でも6時間は寝たい。
なので、就寝は早いときは21時頃。遅くても22時半には寝るようにしている。

早寝早起きの習慣でつらいのは、セミナーや勉強会が19時とか20時開始、22時過ぎに終了が多いこと……。
帰ったら23時過ぎとかで寝るのが24時とかになると、次の日が眠い。つらい……。

心がけていること、改善したいこと

業務の進捗によって業務終了時間はまちまちだったりするが、寝る前に読書の時間を取りたいので、18時過ぎには業務を切り上げて帰宅できるように心がけている。
最近、読みたい本・読まないと行けない本がたくさんあって消化できていないので……。

改善したいこととしては、運動不足の解消。
現状、自宅からオフィスまでの移動ぐらいで、あまり運動することがないので、意識して運動したい。
最近、家からオフィスまで歩いてみたが、1時間ぐらいだったので、それなりにいい運動にはなりそう。
今後もたまに(まずは週2-3回ぐらい?)歩いてオフィスまで通勤してみようと考えている。

一日の過ごし方を振り返ってみると

たまにこうやって一日の過ごし方を振り返ってみると、自分が何に時間をかけているのか、何に時間を取られてしまっているのか把握できて非常に有意義なことだと思う。
是非、自分の一日の過ごし方を振り返ってみて、見つめ直してみてはいかがだろうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加