MMMブログ

「Swift AWS Lambda Runtime」の公開でサーバーレスがさらに発展 AWSのクラウド業界ニュースまとめvol.7 by MMM

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、MMMです。

もう6月になり、東京では夏のような暑い日が続いています。5都道府県で緊急事態宣言が解除されたため、オフィスへ戻り始めた方も多いのではないでしょうか。はやく平穏な日常が戻ってきて欲しいですね。

今回は、AWS LambdaでSwift言語を利用可能にする「Swift AWS Lambda Runtime」や、AWSのヘルスケア戦略、Q&Aサイト「stack overflow」による開発者65000人の大規模調査などのニュースをお届けします。

クラウド技術

CVSS(共通脆弱性評価システム)3.0から3.1への変更点(2020/5/19)

https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/2005/19/news002.html

システムの脆弱性評価の業界標準の脆弱性評価システム(CVSS)は、MMMでも採用しています。2019年6月にバージョンアップされた3.1では、今までの標準がさらに明確になり、より分かりやすく、使いやすい内容になりました。


機械学習でテスト時間を10分の1に、Jenkins生みの親・川口氏の新会社が始動(2020/5/26)

https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00001/04067/

Jenkinsの開発者として知られる川口耕介氏が、機械学習技術を用いてソフトウエアのテスト工程を大幅に効率化するサービスを立ち上げました。ソフトウエアの品質を高める革新的なサービスとして、MMMも注目しています。


The 2020 Developer Survey results are here!(2020/5/28)

https://stackoverflow.blog/2020/05/27/2020-stack-overflow-developer-survey-results/

プログラミングに関するQ&Aサイト「stack overflow」が、65000人の開発者に対する調査結果を発表しました。愛されているプログラミング言語や、いま最も貢献できる職種、コーディング中に参照するサイトなど、開発者なら誰でも興味を覚える内容が満載です。


Swift言語がAWS Lambdaで利用可能に。Swift開発チームが「Swift AWS Lambda Runtime」公開(2020/6/2)

https://www.publickey1.jp/blog/20/swiftaws_lambdaswiftswift_aws_lambda_runtime.html

Swift言語はもともとiOSなどのアプリケーション開発のために作られた言語ですが、最近はサーバーサイドでの活用も模索されています。AWS Lambdaで利用可能になったことで、SwiftとLambdaの双方の長所を生かした開発ができそうです。

クラウド業界

あなたの会社がZoomではなくTeamsを使っている理由(2020/5/14)

https://news.yahoo.co.jp/articles/bf0bfa0edfcb728443c7bbbb335b042a3efd9258

Zoomがビデオ会議ツールの代名詞となりつつありますが、企業の現場ではマイクロソフトのTeamsが利用されていることも多いのが実情です。その裏には、利用者が使うツール全てを自社サービスに囲い込む、マイクロソフトの巧妙な販売戦略があります。


ガートナー、日本におけるクラウド・コンピューティングの導入率は平均18%との最新の調査結果を発表(2020/5/14)

https://www.gartner.com/jp/newsroom/press-releases/pr-20200514

日本企業にもクラウドは徐々に広まりつつあります。ところが、既存業務の継続を前提とした「業務要件ファースト」な思考ではクラウドの真価を発揮できないため、業務の刷新も視野に入れた戦略的なクラウド化が大切だと指摘されています。


新型コロナで存在感増すクラウド、AWSのヘルスケア戦略(2020/5/26)

https://project.nikkeibp.co.jp/behealth/atcl/feature/00003/052500112/

AWSが医療・ヘルスケア領域でも活用されています。AWSの多彩なサービス群や高い性能は、製薬企業、医療機関、研究機関、ヘルスケア企業などでも高く評価され、導入事例も増えてきているようです。

働き方

5月ロイター企業調査:テレワーク実施9割に、6割が効率化に有効と評価(2020/5/21)

https://jp.reuters.com/article/reuters-survey-telework-idJPKBN22X00L

ロイターの調査によると、新型コロナウイルスへの対応としてテレワークを導入した企業のうち、業務効率化に有効だと回答した企業は62%にのぼったとのことです。「テレワークへの業務移行がコロナ対応により本格化した」という声もあり、今後もテレワークは拡大し続けそうです。


今後も役に立つクラウド業界ニュースをお届けします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ

見積もり依頼や詳しいご相談など、クラウド・AWSに関する困りごとをお気軽にご相談ください。
以下のお問い合わせ先から受け付けています。

お問合わせはこちら

※通常1営業日内にご回答いたします。