「AWS無料相談会」をオンラインで開催中

RxJS

RxJSを例とした独学の10ステップ

エンジニアは常に学習していく職種ということで、自分で学習の計画をたてられることは重要だと考える。今回は、Soft Skillsという本で、独学の方法について触れていたので、それを少し整理してみようと思う。 学習の10ステップ あげられていた10のステップは以下だった。 Get the big picture Determine scope Define success Find resources […]

RxJSを使って非同期なレスポンスをリクエストした順に結合する話

RxJSは非同期処理を高度に抽象化するので、煩雑な手続きをシンプルに書ける場面が多く、その辺にRxJSのユーザがこのライブラリにのめり込んでいく要因があるように思います。 一方、実地で使っていないとこういったメリットは、説明されてもピンとこないということがあるかも知れません。 そこで本稿では、実際に遭遇した『RxJSを使っていたから楽だった』コードをベースに、RxJSのメリットを紹介したいと思いま […]

RxJS雑感

概要 プロジェクトでRxJSを使う機会があった。だいぶ前に入門しようとして挫折したが、改めてやってみて感じたことを書こうと思う。 Observable Stream? RxJSでは、監視可能なイベントをObservable Streamとよんでいる。これはNode.jsのStreamのようなもので、データを一気に処理するのではなく、細切れの単位で読み取ることのできるもの、と理解している。そのため、 […]

なぜReactive Extensionsを導入するのか?

小飼です。LINEのプログラミング言語マスコットスタンプを濫用しています。 以前このブログでも触れましたが、現在弊社ではRxJSを本格的に活用してクライアントサイドアプリケーションを作成しています。 RxJSのクライアントサイドにおける有用性は、UIイベントの世界でコードを構築する側としては比較的すんなりと理解しやすいですが、 サーバーサイドやマネジメントレイヤーのメンバーなど、チーム内の別のポジ […]

RxJS(5.x)で行うテストファーストな機能開発

小飼です。 『The Next Great Burger』にハマっています。 RxJS、使っていますか? 弊社では現在開発しているアプリケーションから、本格的にRxJSを導入して使い込んでいっています。 イベントを配列のように操作できるという高度な抽象化の恩恵で、非常にリーダブルかつ簡潔に機能実装が出来るところが非常に良いですね。 学び始めた当初はReactive Programming的な考え方 […]

Rx(JS)に入門する前に知っておきたいN個のこと

アドベントカレンダードリブンダイエットに失敗中の小飼です。 走っているのに中々痩せません。どうなってるんだ。。。 ※この記事はRxJS Advent Calendar 2015の第二十日目の記事です。 概要 最近チラホラRxJSについての記事を見るようになってきました。 非同期処理を簡潔に書けることについてのポジティブなポストを見かける一方で、主に学習コストの面でネガティブな意見が目立っていること […]