MMMブログ

AWS認定クラウドプラクティショナー試験の合格体験記

こんにちは、ミッキーです。

先日、「AWS認定クラウドプラクティショナー試験」を受験しました。

私はエンジニアではなく、AWSの実開発には備わっていないため、基礎からの勉強となりましたが、無事に合格することができました。

クラウドプラクティショナーはAWSの基本を幅広くカバーしており、今回勉強したことは今後の業務に役に立ちそうです。

  

AWS認定クラウドプラクティショナー試験とは

クラウドプラクティショナーは、AWSのスキルと知識を証明するためのベーシックな資格です。AWSの全領域にまたがる内容となっており、他のAWS認定(ソリューションアーキテクトや、DevOps、専門知識認定など)からは独立した位置付けになります。

また、AWSパートナーネットワーク(APN)における、コンサルティングパートナーの要件にも含まれています。

ベーシックなレベルではありますが、クラウド分野の最新技術の基礎を幅広く学べる、とても魅力のある試験だと感じました。極端に専門的な内容が問われることはなく、AWSという切り口から、コンピュータやネットワークなど幅広い領域に触れることのできる内容となっています。そのため、エンジニアではなくても、ITサービスに関わる人なら誰でも勉強して損は無い試験だと思います。プロフェッショナルや専門的知識など上位の認定を目指す方の最初のステップとしても役に立ちます。

  

勉強方法

試験に向けて、以下のテキストを購入しました。


AWS認定資格試験テキスト AWS認定 クラウドプラクティショナー

  
およそ1ヵ月間、毎日1時間ほどかけて、本書を何度か読んで理解し、各章に付いている練習問題を全て回答できるようにしました。試験の準備としてやったことはこれだけです。

このテキストはとても丁寧に、わかりやすく書かれているので、初歩的なコンピュータやインターネット技術の知識があれば、AWSの初心者でも理解することができます。

欠点は、試験本番で出題される内容をすべてカバーできていない点です。例えば、本書では言及されていないAWSのサービスが試験では何度か出題されたり、一部の用語は解説が足りていなかったりしました。

私は今回、幸いにして合格できたのですが、AWSのサイトやその他の参考書・問題集などを使って、本書の内容以上に幅広く勉強をしておいた方が確実かもしれません。

とはいえ、決して難易度が高いわけではなく、一定の時間を確保して勉強すれば誰でも合格できる試験です。興味のある方は受験を検討してみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ

見積もり依頼や詳しいご相談など、クラウド・AWSに関する困りごとをお気軽にご相談ください。
以下のお問い合わせ先から受け付けています。

お問合わせはこちら

※通常1営業日内にご回答いたします。