坂上の自己紹介

今月、マーケティング担当としてMMMに参加させて頂いた@mickey(ミッキー)です。

MMMブログに投稿するのは初めてですので、自己紹介をさせていただきます。

mickeyは子供の頃からよく使われてきたあだ名です。残念ながら、あのキャラクターの可愛らしさとは無縁の、体重増加が止まらない30代の普通の男です(*_ _)

これまでの歩み

私は子供の頃から数学や物理などの理系科目が好きで、大学では理系に進み、情報工学を専攻しました。

当時はmixiが大流行しており、モバゲーやグリーなどのガラケー向けサービスも盛り上がりつつありました。私もインターネットに熱中して、いろいろなWebサービスを使ったり、自分でもサイトを作ってちょっとした広告収入を得たりしていました。卒業する頃には自然とWeb関係の仕事を志しました。

同級生はエンジニアになった人が多いですが、私はいわゆる文系就職をしました。インターネット関連企業に企画職で入社して、コンテンツ企画やWebマーケティングの仕事を行いました。

エンジニアにならなかったのは、大学のときに自分でサイトを作ってみて、技術以上にどうやってこれで収入を得るかという点に関心を持ったので、自分には専門技術やプログラミングを極めるよりも、ビジネス系の仕事の方が向いているのではないかと感じたためです。(でも、今でもずっとエンジニアという職業に対しては憧れの気持ちを持っています。)

それ以来、現在までずっと、Webサイトの運営やマーケティングの仕事を行ってきました。

たくさんのプロジェクトに携わり、それなりに成功したものもあれば、失敗してクローズに至ったものもたくさんあります。そんな中で自分なりに心がけていたのは、どんな状況でもマーケティングのプロセスを行きつ戻りつして最適解を探る努力を続けることと、Webサイトやアプリなど、ものづくりのディレクションをしっかりと行うようにしてきたことです。こういった点はこれからも大事にしたいと考えています。

働き方について

今までの働き方は、平日は朝に仕事を始めて、終わりは21時頃から終電近くまで稼働し、残タスクをこなすため休日も頻繁に作業するというスタイルでした。四六時中、スマホに仕事関係の通知が飛んでくるので、外出時もすぐに連絡を取り合い、その場で仕事を始めることも多かったです。

働くこと自体はそれほど苦にならない性格ですが、いつも目の前の仕事に追われて、のんびり過ごしたり趣味に時間を割いたりできませんでした。

そんな中、昨年、妻が妊娠したことをきっかけに、働きながら育児もする生活を現実的に考え始めました。夫婦だけの生活なら今まで通りでよくても、さすがにこれからは働き方を見直さないとやっていけないと感じました。

完全リモートワークであれば、移動時間が無い分は時間に余裕ができるし、育児をしながら仕事もできるのではないかと思っていたところ、ちょうどMMMと出会うことができ、今に至ります。

世の中の潮流的にも、Slackやappear.inなどのサービス面でも、リモートワークをしやすい環境になっていると思います。MMMで、リモートでコミュニケーションを取りながら仕事を進めるコツも学んでいきたいです。

今回の自己紹介は以上になります。次回以降は、趣味や日々の生活のことなども書いていきます!

このエントリーをはてなブックマークに追加