下條2018年の振り返り

下條です。去年と全く一緒のくだりとなりますが、あっという間に年末。本当にあっという間の1年でした。

また、MMMに入社してちょうど5年経過しました。非常に濃い5年がすごせたと思います。

年末ということで、今年印象に残っている仕事やもろもろを振り返ってみます。

印象に残っている開発

ハイブリッドクラウドのチケット券売システムのAWS基盤構築

オンプレミスとAWSクラウドから構成されるチケット券売システムのAWS基盤部分を設計・開発しました。

弊社で今まで関わったシステムの中でもシステム全体としてかなり大きな規模であり、Direct Connectを利用したオンプレミスとAWS間の接続や、ネットワークまわりの幅広いスキルを獲得できたという意味で自分にとって非常に意義深い仕事でした。

Web試験システム開発

Webで試験を受けられるシステムおよびその試験管理システムをRuby on Railsで開発しました。久々のRuby on Railsでのスクラッチ開発は楽しいものでした。最近あまり触れていないですが、個人的にはやはりRuby (on Rails)は大好きです。

モバイルアプリケーションのバックエンド開発

これはまだ進行中のプロジェクトなのですが、フルサーバーレスアーキテクチャでのモバイルアプリケーションのバックエンド開発という非常にチャレンジングなプロジェクトが佳境に入っています。

バックエンドはAWSのフルサーバーレスでAPI Gateway, Lambda (Go), DynamoDB, etc…という構成で、いろいろ今後書きたいこともありますが難しい部分も多く、だからこそ非常に印象に残っている仕事です。

開発以外のあれこれ

コミュニケーション・人材育成などについて考える機会の多い一年でした。

コミュニケーションについて

新メンバーが多くジョインする中で、リモートワークでのコミュニケーションについて考えることが多い一年でした。

コミュニケーションの質を上げていきたいという思いのもと、チャットでのコミュニケーションの質を上げるコツといった記事を書いたりもしました。

メンバーが増えていく中で、リモートワークにおいてコミュニケーションの量を増やしていくことが今後の重要な課題であると考えており、来年は力を入れて取り組んでいきたいと考えています。

また、今年は社員全員が集まってのローカルワークができなかったこともあり、来年はぜひ全員で集まりたいという思いがあります。

人材育成について

人材育成という意味では、現状で特定のメンバーに偏ってしまっている運用スキルのスキルトランスファーについて考える機会が多く、

といった記事を書いたりしました。ただ、まだまだ手探りな部分だらけです。よりシステマチックな方法を探っていきたいと思っています。

全体的に、今年は特に後半に開発業務が多忙だったこともあり、開発以外については考えることが多いながらもあまり整理できていないというのが現状ですが、来年は様々な体系化を行っていきたいと考えています。

資格

AWS 認定ソリューションアーキテクト – プロフェッショナル を取得できました!
AWS 認定 DevOps エンジニア – プロフェッショナル については本当は今年中に取る予定でしたが、プロジェクトで忙しく伸び伸びになってしまい、来年に持ち越しになってしまいそうですが、必ず近いうちに取得します!

それでは少し早いですが皆さま良いお年をお迎えください。

このエントリーをはてなブックマークに追加