Google Analyticsから見えてくる自社サイトの改善点

学校説明会や就学時健診、予防接種など、子供関係で忙しい池島です。
子供の予防接種は、4週間空けて2回とか3回とか受けさせないといけないので面倒です。子供の健康には代えられませんが・・・。

現在、弊社コーポレートサイトのリニューアルに取りかかっています。
コンテンツの見直し、レイアウトやデザインの刷新など、検討事項がたくさんありますが、より良いサイト作りにはどんなことが必要なのか、Google Analyticsを使った解析データからアプローチします。

現在の問題点と改善案

そもそも、アクセス数が少ない

改善案
  • インパクトのあるバナーを出稿してみる(予算の都合が・・・)
  • コンテンツ内のテキストやキーワードなどを再考し、検索上位を目指す
  • ブログからの流入もそこそこあるが、コーポレートサイトへの固定したリンクがない
    → ブログサイトにリンクを追加

直帰率が高い

改善案
  • ナビゲーションを使いやすく改善
  • どのようなコンテンツがあるのか、一覧性を向上する
    → フッターにメニューを表示する
  • ページ動線が整理されていないので、関連ページ間のリンクや遷移など見直し、整理する

ページ滞在時間が少ない

改善案
  • ターゲットとなるユーザーが関心を持ちやすいコンテンツやデザイン・レイアウト
  • 読みたくなるコンテンツを、読みやすく構成する

リピート率が低い

改善案
  • 更新頻度を上げる

さらなる改善に向けて

A/Bテストを行い、効果のある施策を探る

  • 一定期間ごとに、キーワードの変更やレイアウトの変更などを行ってみる

サイトメンテナンスの実施頻度を上げる

  • コンテンツやデザインのトレンドを常に意識して、それに合ったサイトに変化させていく
  • アクセス解析に基づき、成果が出ていない箇所の原因を調査し、改善を行っていく
  • ユーザーに対して、ヒアリングを実施する

まだまだアクセス解析について勉強中ですが、データを余すところなく読み取り、サイト構築や改善など、お客様に説得力を持ってご提案していけるように、向上心を持って取り組んでまいります。

このエントリーをはてなブックマークに追加