AtomPairを使ってペアプログラミング

明日からがっちりむっちり開発合宿(夏)が始まるので、今から大富豪のイメージトレーニングをしておかないといけないな、と思っている前田です。

弊社は普段からリモートワークをしているのですが、たまにペアプログラミングしたい、というシチュエーションになる時があります。
リモートでペアプログラミングする方法は色々あるかと思いますが、AtomPairを使ってペアプログラミングしましたので、その感想を書きます。

準備

Atomインストール

Atomが無い場合はまずはAtomをダウンロードしてインストールします。
https://atom.io/

AtomPairインストール

方法は2つありますがどちらでも良いです。

1.コマンドラインから

1
apm install atom-pair

2.Atomエディタから
Command+Shift+Pでパネルを開く
Install Packages and Themesで検索
atom-pairと入力して検索、インストール

以上で準備完了です。

ペアリング

ベーシックなペアリングの方法でペアリングします。

ホスト側

Command+Shift+P でパネルを開く
AtomPair: Start New Pairing Sessionでエンター

そうすると、クリップボードに

1
d41a439c438a100756f5-4bf35003edsajf138249-LDKIriXAvbL

といったセッションキーがコピーされていますので、共有したい人に渡します。

クライアント側

Command+Shift+P でパネルを開く
AtomPair: Join pairing sessionでエンター
そうすると、セッションキーをタイプするフォームが現れますので、先ほどのセッションキーを入力してエンター

以上で簡単にペアプログラミングする環境が出来ました。

接続を切る時
Command+Shift+P でパネルを開く
AtomPair: Disconnectでエンター

良かった点

とにかく簡単に始められる

これに尽きるのではないかと思います。

最大20人までペアリング出来る

Given a free Sandbox plan, there will be a maximum of 20 collaborators per session.

20人まで無料で出来る、って太っ腹ですね。
逆に20人以上で同時にセッションすることってあるのかな、と思ってしまいます。

改善して欲しい点

誰が編集しているか、何人編集しているかが分からない

AtomPairに限ったことでは無いかもしれませんが、現在見ているファイルを誰が編集しているのか、各人のカーソル位置などが分かると便利だなと思いました。
AtomPairは最大20人までペアリング出来るので、人数が多い時には少し混乱しそうです。

また、クライアントでセッションしている人が、左ウィンドウのディレクトリツリーから同じファイルを開くと、ホストの人のファイルが増えます。
誰がどこで作業しているのか分かりづらかったので、ファイルを開く人はホストの人だけ、という様にルールを決めて編集したほうがいいかもしれません。

以上AtomPairの感想でした。
ペアプログラミングしたい時は一度AtomPairを試してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加